安心信頼の消費者金融とは?

安心してお金を借りる為に、今調べるべきことを紹介します。

消費者金融から融資を受けるときに審査されること

消費者金融を初めて利用する人にとって一番不安なのが「審査に通ることができるのか」ということではないかと思います。
特に正社員でなく非正規雇用で働いている人や収入が少ない人、そして他の業者からすでに借り入れをしている人などは審査に通ることができるか気が気でないという人もいるかもしれません。
では、消費者金融から融資を受けるときにはどのような内容が審査されているのでしょうか。
業者が融資するかどうかを判断する材料の一つが「属性情報」といわれるものです。
これは、借り手の現在の生活状況を示す個人データのことです。
年齢や性別、年収、勤務先などがこれに含まれます。
こういった属性情報を評価することで返済能力を測るわけです。
たとえば、年齢に関しては若すぎても齢を取り過ぎても評価が低くなります。
これは20歳そこそこの人は仕事をやめてしまう割合が高いことや、収入がまだ少ないことなどが理由です。
一方、高齢者の場合は定年をむかえてしまうと収入が年金しかなくなってしまうため、特に65歳以上になると評価が下がってしまいます。
性別に関してはあまり差がなくなってきています。
これは働く女性が増えたことで、十分に収入がある女性が多くなったからです。
同じ職業の同じ年収の人ならば男女で条件に大きな差が出るということはないでしょう。
職業に関しては安定度の高い職業ほど評価が高くなります。
よく言われるのは公務員です。
公務員は離職率が非常に低いため、融資する側にとっても安心です。
また、一般企業に勤務している人ならば、勤続年数が長いほど評価が高くなります。
逆に転職を繰り返しているような人は評価が低くなります。
融資の審査では「信用情報q」も重要視されます。
これは、過去から現在にかけての財務状況を示すものです。
過去に一度でも消費者金融お金を借りたり、クレジットカードで買い物をした人の情報は、信用情報機関にまとめられています。
過去に度々返済が遅れたりしたことがあると事故情報として記載されて融資が受けにくくなってしまいます。
今後のためにも、返済能力を超えるような借金をすることは避けましょう。